日本語 | English
日本農業経営学会
 

入会のご案内

会員の特典

  • 研究大会の案内等学会関係の諸情報が送付されます。 
  • 研究大会で研究発表が行えます。 
  • 会誌「農業経営研究」に投稿できます(別途投稿料を頂きます)。 
  • 会誌「農業経営研究」が送付されます(年4回)。 
  • 農業経営研究の発展に貢献した会員を表彰します。

年会費
会計年度は8月1日から翌年7月末です。
  • 正会員   :  8,000円/年 
  • 学生会員:  4,000円/年
  • 期限付き学生会員:  10,000円(3年間)
※正会員は「農業経営に関する学識経験を有する者および実務経験者、指導者」、学生会員は「大学またはこれに準ずる学校に在籍し、会費を納める学生(大学院生を含む)」となっております(「学会会則」より)。ただし、社会人の身分を有しつつ大学(院)に在籍する場合は、正会員として扱わせて頂きます。
※報告論文への投稿を予定される学生の方々は,入会前に「学生の入会案内」をご覧ください。

入会手順
  1. 会則・規程をお読みの上、ご賛同頂けましたならば以下の手続きにお進み下さい。 
  2. 入会申し込みフォーム」を利用して必要事項を入力し事務局宛電子メールでご連絡下さい。追って、事務局より受付確認のメールを送信させて頂きます。 
  3. 入会申込書に基づいて、入会の可否について理事会で審査を致します。 
  4. 理事会での承認を経ましたら、事務局より会費納入の郵便振替用紙を送付させて頂きますので、入会希望年度の年会費を払い込んで下さい。 
  5. 年会費入金確認後、会員登録させて頂きます。また、併せて入会希望年度の会誌を第1号より送付させて頂きます。 
  6. 電子メールをお使いでない方については、学会事務局(TEL/FAX:029-838-8424)までご一報下さい。入会申込書と郵便振替用紙を送付させて頂きます。
 

学会会費のゆうちょ銀行口座からの自動払込み案内

当学会では,会費を安定的に確保すること,また計画的な収入源を得ることを目的に,平成19年度会費からゆうちょ銀行口座からの「自動払込み」による納入方法を導入しています。現在「郵便振替」の払込手数料は1件当たり窓口120円,ATM80円ですが,「自動払込み」により手数料は1件当たり25円と少なくなります。
なお,この手数料(25円/件)は,学会が負担します。
「自動払込み」に係わる納入方法の概要,利用手続きは下記の通りです。ぜひ,多くの会員の皆様がご利用くださるようお願いします。

  1. 納入方法の概要
    日本農業経営学会会費を,毎年度8月1日に会員個人のゆうちょ銀行「通常貯金口座」から自動的に引き落とします。会費が引き落とされた場合は,会員皆様の貯金通帳にその旨記載されますので,ご確認願います。

  2. 選択可能な会員
    「自動払込み」による納入が可能な会員は「過年度会費に未払いがない正会員」のみとします。申し訳ございませんが,過年度会費に未払いがある正会員及び学生会員の方は従来通りの方法で納入をお願いします。

  3. 申込み手続き
    貯金通帳と届出印鑑を持参の上,最寄りの郵便局で「自動払込利用申込書」を請求し,記入例(PDFファイル)を参考に必要事項を記入して申し込んで下さい。

  4. 退会あるいは納入方法変更の場合(「自動払込み」中止の場合)
    会員の皆様が「自動払込み」の利用を廃止したい場合は,貯金通帳と届出印鑑を持参の上,最寄りの郵便局で「自動払込利用廃止届」を請求し,必要事項を記入して申し込んでください。

  5. 申込締め切り
    申込みから払込利用の確定までには一定の期間を要するため,「自動払込み」を開始(もしくは中止)したい会員は,開始(中止)希望年度の5月末日までに最寄りの郵便局で申込み手続きを済ませて下さい。例えば,平成23年度会費から開始(中止)を希望する場合は平成23年5月31日までに手続きを済ませて下さい。それ以降に手続きをした場合,希望年度の次年度からの開始(中止)になる場合があります。

  6. 受領証等の領収書
    確定申告等で受領書等の領収書が必要な方は,申込書の備考欄に「領収書が必要」と記入して下さい。また,学会事務局に直接連絡して頂いてもかまいません。適宜,発行いたします。なお,連絡がない場合は領収書を発行しませんので,ご注意下さい。

  7. 引き落とし日及び再引き落とし日
    ゆうちょ銀行口座からの引き落とし日は,通常8月1日(土・日の場合は翌営業日)です。もし,この日に口座残高の不足等により引き落としができなかった場合は,通常8月25日(土・日の場合は翌営業日)に再度,引き落としの処理を行います。

  8. 口座残高不足等により引き落としの処理ができなかった場合
    引き落とし日(通常8月1日)に引き落としの処理ができなった場合は、該当者にその旨と再引き落とし日(通常8月25日)までに残高不足の状態を解消して頂くことを連絡します。また,再引き落とし日(通常8月25日)にも引き落としの処理ができなかった場合は,該当者にその旨を連絡するとともに,その年度の会費については「郵便振替」等による納入を請求します。もし,年度内に納入頂けなかった場合は,次年度より「自動払込み」による納入を停止します。

※当学会では,個人情報の保護に関する法律に基づき,当学会が保有する個人情報の適正な管理と保護に努めます。
 
Copyright © 2013 The Farm Management Society of Japan. All Rights Reserved.